1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

正しい姿勢をキープする自体重トレーニング

トレーニング 姿勢

自体重トレーニング

運動習慣も身について、規則正しく生活を送れていますか?運動を続ければ確実に自分の中で変化を感じられているはずです。この少しの変化「シャツの背中が突っ張らなくなった」「シャツのボタンが一番上まで止められるようになった」「腕がタプタプしなくなった」こういったことが自覚できるとモチベーションが上がりますよね!
今回は背骨の配置を意識するトレーニングを行って姿勢を正します。

YouTube動画はこちらから

ベンチプッシュアップ

ベンチプッシュアップ

安定したベンチやテーブルなどで腕立て伏せを行いましょう。両手を肩幅に開いて、ベンチに両手を乗せて、足は腰幅に開いて踵を浮かせます。頭から踵まで一直線になるよう意識しながら、胸をベンチに近づけてもどしましょう。

10回2セット行いましょう。

ベントオーバー

ベントオーバー

足を腰幅に開き、膝を軽く曲げて上体を前に倒します。手のひらを向き合わせて腕を下に垂らします。両手を斜め上、耳の高さにまで上げて戻します。

10回2セット行いましょう。

スーパインピラー

スーパインピラー

床にあお向けになり、両手を天井に向けて指先まで伸ばします。両足を持ち上げて、股関節、膝を直角に曲げましょう。

片手を頭の上に

片手を頭の上に、反対の脚を床につけずにまっすぐ伸ばします。次に手足を左右入れ替えて繰り返しましょう。

交互に10回、2セット行いましょう。

レッグレイズ

レッグレイズ

床にあお向けになり、両脚をそろえて床から少しだけ浮かせます。手は体の横で安定させましょう。

ゆっくり股関節が直角になるまで足を伸ばしたまま引き上げて戻しましょう。

10回、2セット行いましょう。

ニーサイドプッシュアップ

ニーサイドプッシュアップ

手を肩幅の1.5倍に広げ、腕立て伏せの姿勢をとります。両膝を床につけ、上体を左の床に近づけて戻します。次に反対側の床に近づけるように交互に繰り返しましょう。

10回、2セット行いましょう。

最後に

正しい姿勢をキープすることが日々の生活の中で代謝を上げていくことができます。ランニングなど有酸素運動と合わせて、これらのトレーニングも行ってみましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ②

  2. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ①

  3. しなやかボディーをつくるストレッチ

  4. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる