地獄の燃焼系HIITトレーニング

トレーニング・エクササイズ

ヒットトレーニング

HITT(ヒット)トレーニングはHigh Intensity Interval (ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)の略で30秒の全力運動と短い休憩を繰り返すことで筋肉中の糖が一気に消費され、運動後も長時間脂肪が燃えやすくなるトレーニングです。気合を入れて一気にやってみましょう。

今回は30秒の全力と10秒の休憩を入れながら次々やっていきます。
今回は3キロのケトルベルを使うメニューもあります。なければダンベルでも構いません。あらかじめ用意しておきましょう。

YouTube動画はこちらから

スクワット

スクワット

足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。胸の前で腕を交差させて水平にします。太ももが床に平行になるように腰を落としましょう。
かかとにしっかり体重を乗せて、膝が足先より前にでないようにしましょう。

ニーアップ

ニーアップ

足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。片方の肘を曲げながら反対の膝を高く持ち上げ、肘と膝をくっつけて戻します。交互に繰り返していきましょう。
疲れると脚が上がらずに前かがみになるので注意してください。

ランジ

ランジ

手を腰に当て、まっすぐに立ちます。片脚を前に大きく踏み出し、膝が直角になるまで腰を落とします。そして反動を使わず、元の位置に戻しましょう。左右交互に繰り返しましょう。
ペース遅くなっていませんか?素早く行いましょう!

パンチング

パンチング

脚を肩幅に開き、両手を握り、肘を曲げて顔の前で構えます。片手でまっすぐにパンチを繰り出します。左右交互に体をねじりながら繰り返しましょう。
途中でスピードが落ちないように、慣れてきたらスピードを上げましょう。

マウンテンクライマー

マウンテンクライマー

腕立て伏せのポーズから脚を横に回しながら膝を曲げて胸に近づけ、戻します。左右交互に素早く繰り返しましょう。

バイシクル

バイシクル

あお向けになり、両手を頭の後ろに組み、肩を浮かせるように持ち上げます。片脚を伸ばして浮かせて、反対の脚の膝を胸に近づけます。自転車をこぐように交互に足を入れ替えます。
伸ばした脚が床につかないように注意しましょう。
ようやく後半です。まだまだ続きます!まだばてるには早いですよ!

ヒンズープッシュアップ

ヒンズープッシュアップ

両手を肩幅より広く置き、腕立て伏せの体制で、腰を高く持ち上げます。

腰を落とす

肘を曲げながら腰を落とし、床すれすれまできたら腕を伸ばして腰を反らせます。
スムーズに流れるように繰り返しましょう。

ケトルベルスクワット

ケトルべる

足を肩幅より広く開き、ケトルベルを両手で持って肩の高さにします。

しゃがむ

膝を曲げながらケトルベルを下げ、深くしゃがんでから、下半身の力を使ってケトルベルを肩の高さまで振り上げながら膝を伸ばします。
反動を利用しながらスムーズに動かしましょう。

シザースジャンプ

シザースジャンプ

両脚を大きく開いて膝を曲げます。ジャンプを繰り返しながら足を入れ替えていきます。腕を振り、着地の時は腰をしっかり落としましょう。
素早く入れ替えることで瞬発力が鍛えられます。
あと少し、最後まで頑張りましょう!

プランク

プランク

両手を肩の下につき、両足はそろえてつま先立ちになります。お尻を突き出さないように、体を一直線にしたままキープしましょう。
姿勢をキープするのはきついですが、これが最後!あと一息ガンバロー

最後に

いかがでしたか?ハードに追い込むHITTトレーニングはしんどいけれど、このトレーニングの最大のメリットは、短時間で有酸素運動も筋トレも両方の効果が期待できること。じっくりと長期的なスパンで取り組むタイプよりも、すぐに効果を実感したい人に向いたダイエット法ともいえるでしょう。カロリー消費は一般的な有酸素運動の6倍とも10倍とも言われてますので楽しみです!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介