体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

ストレッチ

ストレッチ編

前回の体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!チェック編で柔軟性をチェックしてもらったと思います。チェックしなくても体が硬いぞ!という方はぜひ今回のストレッチをやってみて下さい。
体が柔らかくなると様々なメリットがあります。柔軟だと、関節の可動域も広がり、ちょっとした動きで腕や腰を痛めるリスクは減ります。また、血行も良くなり、肩こりや腰痛防止になり、筋肉への負担も抑えられます。また、基礎代謝と体の柔らかさは関係があり、体が柔らかいほど代謝が上がりカロリーの消費量も増えるので、ダイエットなどにも効果的です。

YouTube動画はこちらから

肩のストレッチ

肩
photo by yurina

右手を上げて、左肩の方に下ろします。左手を上げて右の肘に添え、息を吐きながら右肘を斜め左下に向かって押しましょう。

20秒キープしましょう。反対も同様に行います。

背中・腰のストレッチ1

背中

四つ這いになり、手は肩幅、足は腰幅に開き、ひざをつきましょう。腰が反らないように、ヘソを引き上げて背中を平らにします。手を大きく前に伸ばしたら、胸とあごを床につけます。

20秒キープしましょう。

背中・腰のストレッチ2

背中、腰
photo by yurina

四つん這いになり、右手を左の脇の下通して右の肩、こめかみを床につけます。左手で床を押し体をねじります。左手を天井を通って右の足の付け根に添えます。

20秒キープしましょう。反対も同様に行います。

お尻のストレッチ

お尻
photo by yurina

四つん這いになり右膝を右手の後ろについて、かかとは左側に出します。両手を重ねて枕を作り額を両手に預けます。

20秒キープしましょう。反対も同様に行います。

脚のストレッチ1

脚1
photo by yurina

長座の姿勢で座り、右脚を前に伸ばし、左の足を内腿にのせます。両手を前につき、息を吐きながら両手を前にのばし前屈をします。

20秒キープしましょう。反対も同様に行います。

脚のストレッチ2

脚2
photo by yurina

足裏を合わせ、膝を上下にパタパタさせて股関節の力を緩めます。息を吐きながら体を前に倒し、股関節を伸ばします。

20秒キープしましょう。

最後に

体を柔らかくするには、1回だけのストレッチで変わることは難しいです。継続して行うことで効果が得られると思うので是非、お風呂上りや寝る前、運動前など継続してやってみて下さい。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 左右の太ももの間にすき間をつくる内転筋トレーニング

  2. ランニング中に腰が痛くなってきた時の対処法

  3. ランニング後のクールダウンストレッチでじっくり伸ばして疲労回復

  4. ランニング前のウォーミングアップでケガの防止と正しいフォームをつく…