1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

下腹がぽっこりで出っ尻になる反り腰を改善するエクササイズ

姿勢 美トレーニング

反り腰

猫背とは逆に腰を反らした状態になる反り腰。反り腰になると下半身の筋力が弱く、骨盤が前に傾き、下腹がぽっこり前に出て、出っ尻の姿勢となってしまいます。

YouTube動画はこちら
下腹がぽっこりで出っ尻になる反り腰を改善するエクササイズ

反り腰

反り腰をチェック

壁を背にして立ち、かかとから頭を壁につけた時、腰と壁の隙間に握りこぶしが余裕で入ると反り腰と言えます。

反り腰をチェック

反り腰になると骨盤が過度に前に傾くため、立っている姿勢が続くとお腹を覆う腹筋の力が抜け、下腹がぽっこりしてしまいます。
反り腰を改善するエクササイズで、骨盤周りの筋肉を強くすることが大切です。

骨盤の前への傾きをニュートラルな状態へ

骨盤の前への傾き

仰向けになり、脚を腰幅に開き両膝を立てます。両手のひらは床につけましょう。

お尻を持ち上げる

お尻を持ち上げ、首から膝まで一直線をキープします。このまま5秒間維持したらお尻を床に戻します。これを10回繰り返します。

脚を上げてキープ

脚を上げてキープ

次に膝の位置を変えずに片脚を伸ばして10秒間キープしましょう。

反対の脚も同様に行います。

体幹の筋肉を強化する

体幹の筋肉

両肘を肩の真下で床につけ、つま先で体を支えて床から浮かせます。

持ち上げて一直線

頭からかかとまで一直線をキープして、目線を斜め前の床に向けます。

この姿勢を10秒間キープしましょう。2セット行います。

引っ張られたハムストリングスを伸ばす

ハムストリングス

台の前に立ち、両手は骨盤に添え、片足のかかとを台の上に乗せてつま先を正面に向けます。

腰を落とす

軸足の膝を曲げ、股関節から上体を前に倒して腰を落としましょう。

5秒間キープします。反対の脚も同様に行います。この一連の動きを3セットしましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. しなやかボディーをつくるストレッチ

  2. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる

  3. 怠けた筋肉に刺激を入れるエクササイズ

  4. くびれを作る美トレーニング