バランスボールで腹筋とインナーマッスルを追い込む

バランスボール・ミニボール運動

腹筋・インナーマッスル

バランスボールは球体でアンバランス。それを利用することで自然に体の軸となる筋肉である『インナーマッスル』を鍛え上げることができます。インナーマッスルは全身の運動をサポートして、体を支える深部の筋肉で、バランスよく動かす重要な役割を担っています。お腹の脂肪や下っ腹のぽっこりをすっきりとさせるためにもインナーマッスルはとても効果的。バランスボールをしっかりと使ってトレーニングしましょう。

YouTube動画はこちらから

フロントブリッジ

フロントブリッジ

バランスボールの上に左右の前腕をのせましょう。腕は肩幅についてください。上半身を起こし、足はつま先立ちになりましょう。

20秒間キープしましょう。2セット行います。

パイククランチ

パイククランチ

バランスボールに足首を乗せて、両手を床について体を支えます。この時、顔は床に向け体を一直線にしましょう。

腰を高く

バランスボールを手前に転がして、膝を曲げずに腰を天井に向けて高く引き上げて、つま先を立てるまで引き寄せたら戻します。

10回、2セット行いましょう。

サイドブリッジ

サイドブリッジ

横向きになり、両脚を伸ばして足をそろえ、ボールの上に乗せます。下の手は前腕を床につけ、反対の手は腰に添えましょう。下側の足と前腕で体を支え、頭から足首まで一直線になるようにキープしましょう。

10秒間キープしたら反対側も同様に行いましょう。2セット行います。

リバースツイスト

リバースツイスト

あお向けに寝転がり、両手を真横に広げます。両足でバランスボールをはさみ、脚を垂直に伸ばします。ボールを落とさないように注意して脚を左右に動かします。床につけないように、床に出来るだけボールが近づくように動かしていきましょう。

10往復を2セット行いましょう。

最後に

バランスボールは、比較的動作が簡単なものが多く、初心者でも始めやすいのが魅力です。女性から高齢者まで体力に合わせてトレーニング出来るのでケガのリスクも少なくなります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  2. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編

  3. バランスボールを使って不安定な姿勢を制御するプログラム

  4. 長時間のドライブで固まった体をほぐすストレッチ